不動産用語集[建物-耐火基準]|朝霞市・志木市・新座市・和光市・東武東上線の不動産・一戸建てはマックホーム

TOPページ > 気になる知りたい > 不動産用語集

不動産用語集

建物 - 耐火基準

耐火建築物たいかけんちくぶつ
「主要構造部が耐火構造であるもの」または「耐火性能検証法などによって火災が終了するまで耐えられることが確認されたもの」で、且つ「外壁開口部で延焼の恐れのある部分に防火戸などを有する建物」のことを指します。

不動産用語集トップに戻る

準耐火建築物じゅんたいかけんちくぶつ
「耐火建築物以外の建物」の内、「主要構造部が準耐火構造」または「それと同等の準耐火性能を有するもの」で、且つ「外壁開口部で延焼の恐れのある部分に防火戸などを有する建物」を指します。

不動産用語集トップに戻る

省令準耐火しょうれいじゅんたいか
「隣家などから火をもらわず、火災が発生しても一定時間部屋から火を外に出さないで、もしも部屋から火が出ても延焼を遅らせる」ことが出来る建物を指します。
簡潔にまとめると「外部からの延焼防止」「各室防火」「他室への延焼遅延」を備えた建物です。

不動産用語集トップに戻る