不動産用語集|埼玉・東京 東武東上線沿線の不動産・一戸建てのことはマックホーム

不動産用語集

売買 - 建物

延床面積のべゆかめんせき
建物の各階ごとの面積を合計したものを延床面積といいます。
※容積率にも関係しています。

不動産用語集トップに戻る

建築面積けんちくめんせき
延床の内、敷地と接している部分(1F部分)の面積のことです。
※建ぺい率にも関係しています。

不動産用語集トップに戻る

構造こうぞう
建物の大元(材料)に何を使っている建物なのかを指す言葉です。

「木造」や「鉄筋コンクリート(RC)造」と表現されます。
また、戸建て場合には、木造の後に外壁材や屋根材についても記載されていることもあります。

不動産用語集トップに戻る

工法こうほう
建物の建て方を指します。

戸建住宅なら、「在来工法」や「2×4工法」のことが多いです。

不動産用語集トップに戻る

在来工法(=木造軸組構法)ざいらいこうほう(=もくぞうじくぐみこうほう)
主に柱や梁といった軸組(線材)で支える、設計自由度が比較的高めの工法です。

日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化+発展させた構法ですので、在来工法とも呼ばれます。

不動産用語集トップに戻る

2×4工法(=木造枠組壁構法)つーばいふぉーこうほう(=もくぞうわくぐみかべこうほう)
フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える、比較的高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性を持った工法です。

主要な部分が、2インチ×4インチサイズの構造用製材で構成されることから、2×4工法と通称されています。

不動産用語集トップに戻る

築年月ちくねんげつ
建物が完成した時期のことです。

不動産用語集トップに戻る

ビルトイン車庫びるといんしゃこ
built-in、すなわち建物の中にある車庫のことです。

不動産用語集トップに戻る